部屋の丸ごと処分、事前準備0でプロが解決します。

プロの片付け業者をお探しでしたらおたすけマックス

おはようございます。おたすけマックスのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本日もおたすけマックスはスタッフ一同元気に稼働しております。本日は豊中市、豊能郡、伊丹市、川西市などで作業依頼をいただいており、当日の作業予約はお受けできませんが、当日の見積依頼には対応可能です。

年明けから、引っ越し関連のご依頼・お部屋退去に伴う片付け依頼などが急増しております。ご検討中の方はまずは無料で現地見積りに伺わせていただきますので、気軽にご連絡下さい。現地見積後に見積書を無料で作成させていただきます。

本日のコラムは最近急増している、部屋の丸ごと処分依頼についてです。

急増している要因としては、「実家のマンションを相続したけど、全く利用していないので売却したい」、「家屋を解体して、更地にして土地を売却したい」、「賃貸物件にして家賃収入を得たい」とお考えになるお客様が近年増えている事が関係しているようです。

その際に家の中の荷物(残置物)の撤去作業を弊社にご相談になるお客様がたくさんいらっしゃります。本日はよく聞くお悩みや一戸建て・お部屋の片付け方法について説明させていただきます。

この記事を読めば以下の事がわかります。

  • 部屋を片づける時の流れ・方法・コツ
  • それぞれの片付け方法のメリット・デメリット

お部屋を片付ける方法

片付けで困っている女性

お部屋やお家を片づける際の方法として考えられるのが、自分で片付ける方法と、プロの片付け業者に依頼して片付けてもらう方法があります。以下が自分で片付けた場合と業者に依頼した場合のメリットとデメリットになります。

自分で片付ける場合

メリット

なんといっても費用が安い事が最大のメリットです。自治体の粗大ごみサービスなどを併用しながらごみを処分していけば1万円も掛からずに片づける事が可能です。

デメリット

まず片付けが完了するまでに時間が掛かります。自治体のごみ収集サービスでゴミを処分していく場合、収集スケジュールに合わせて処分していかなければいけません。そして身体的な負担も非常に大きいです。また遺品整理などを行う場合、精神的な負担も大きいです。

また現在の住まいから遠い場所にある場合は、交通費・滞在費が掛かります。

業者に頼む場合

メリット

2階建ての一軒家を片づけるとしても、最短1日で片付けが完了します。仮に一人で2階建て一戸建てを片づけるとなると、どう考えても一週間以上は掛かるので、これはかなりの魅力です。また業者によっては買取サービスやハウスクリーニングなどのサービスを行っている業者もあるので、色々な手間が省けます。

デメリット

片付けに掛かる費用はかなり高くなります。また業者によりサービスの質がピンキリなので、業者選びには注意する必要があります。

自分で片付けるか業者に頼むか迷っている場合

業者に頼むか、自分で片づけるかで悩んでいる女性

以上がメリットとデメリットになりますが、「どうすれば良いか決められない」というお客様もいらっしゃりますと思います。

まず一戸建て・お部屋の不用品処分を行うとなった場合に決めるべき事は「いつまでにどうやって片づけるか?」です。それを考える事によって「どうやって片づけるのが最適か?」というのが見えてきます。

下に一軒家やマンションのお部屋の不用品処分をご検討中のお客様で、考えられるシチュエーションをまとめてみました。

期限が設けられている場合

物件を保有しているという事は何らかのランニングコストが掛かります。持ち家であるなら固定資産税が掛かりますし、賃貸物件であるなら賃料が掛かります。また売却を検討していて、「不動産会社に査定してもらいたい」という場合もできるだけ不要な荷物は処分した方が良いでしょう。荷物が大量に残されている場合、如何にプロとはいえなかなか正当な価値を評価するのは難しいです。

もしあなたが「できるだけ早く片付けたい」と考えるのであれば片付け業者に依頼する事がオススメです。

特に期限がない、急いではいないという場合

「実家が空き家になっているががまだどうするか決めていない」、「両親が老人ホームに入る予定だが、まだ空き家にはなっていない」というケースが多いです。こういった場合なら、お客様自身でマイペースに片づけていくというのも一つの選択肢でしょう。

急いではいないが、片付ける予定の家が現在の住まいから遠い所にあるという場合

例えば「現在東京に住んでいるけど、大阪にある実家を片付けたい。」という場合です。こういった場合はプロの業者に依頼した方が無難でしょう。このパターンの時に注意しなければいけないのは現在の住まいから実家までの交通費・滞在費です。

東京から大阪に新幹線で通うとなると、往復でだいたい3万円ぐらい掛かります。これだけでもかなり痛い出費です。

仮に土日だけで片付けられる量なら、自分で片づけても良いか思いますが、それはほぼ不可能だと思います。というのも、自分で片付ける場合、片付けの際に出たゴミの処分は自治体のごみ収集サービスで捨てる事になるかと思います。

ですが、自治体のごみ収集サービスは基本的に土日は収集を行ってはいません。家を片付け際には家から荷物を出すだけでなく、その荷物をどう処分するか?も考えなくてはなりません。そう考えると土日の二日間だけで片付けを完了させるのは難しいと言えるでしょう。

どうしても自分で片付けたいという場合は「まとまった期間休みをとって片づける」、「何回か通って数回に分けて片付ける」といった対策が必要です。ですが、前述したとおり、交通費などが掛かってコストが膨らむので、自分で片付けた場合の労力とコストと、プロの業者に頼んだ場合のコストをしっかり天秤に掛けて考えたい所です。

不動産買取業者に買い取ってもらう場合

買取業者への売却を検討している場合は、例外的に残置物の片付けは必要ありません。なぜなら、買取業者はリフォームやリノベーションなどを行ってからの販売を前提として買い取っていますので、残置物が残っていても物件を買い取ってくれます。

デメリットとしては買取業者に依頼すると仲介業者に依頼するよりも買取価格は安くなります。ですが、仲介業者経由の売却は買い手が見つからないと現金が入りませんが、買取業者に依頼すると直接物件を買い取ってくれるので短期間で現金を手にする事ができるというメリットがあります。

自分で片づける場合の手順

荷造りする男性

もしご自身で片づける場合なら以下の点は気を付けると良いでしょう。

  • まず通帳などの貴重品やアルバムなどの思い出の品を捨てないように仕分けしておく。
  • またネットなどで調べて、買取してもらえそうな価値があるものがあれば、それも分けておいて、後に買取業者に査定を依頼する。
  • 次に玄関に近い大きい家具・家電などから処分していく。そうする事によって、スペースが空き、搬入経路を確保しやすいです。
  • 家具などの中に荷物が残っている場合は、勿論、家具から出す必要があります。その場合自治体のごみの収集スケジュールを調べておき、そのスケジュールに合わせて分別を進めていく。例を挙げれば、タンスに衣類が残っている場合は布ごみの日の直前に分別を行う…といった具合で作業を進めていく。
  • 家具を処分する場合はまずは自治体の粗大ごみサービスを手配。自治体によっては「一回の収集で何点まで」なんていうルールもあるので注意が必要です。
  • 自治体の粗大ごみサービスで家具などを処分する場合は、家からの運び出しなども自分で行う必要があります。もし一人で運ぶのが難しい場合は、家族または友人に手伝ってもらうように手配しましょう。
  • 最悪、運搬を手伝ってくれる人が見つからない場合は、不用品一点から回収してくれる不用品回収業者を探しましょう。
  • 家電を処分する場合は販売店に回収を依頼するのが一番楽です。一番安い費用で処分したいなら、自治体の指定する引き取り所に自分で持ち込むのがオススメです。
  • 清掃作業を行う場合は高い所から行う。埃が落ちる事を考慮して高い所から清掃します。

以上が自分で片づける場合に気を付けるポイントになります。

片付け業者を選ぶ場合のポイント・費用

片付ける作業員のイラスト

次はお部屋の不用品処分・片付けを業者に依頼する事を検討しているお客様のために、業者を選ぶポイントをお教えします。

業者によって得意分野が違う

おそらくネットで不用品回収、遺品整理などのキーワードをグーグルに打ち込んで業者をお探しになるかと思います。まず業者によって得意とするサービスが違いますので「自分がどういったサービスを望んでいるのか?」をハッキリさせて、業者をお探しになるのをオススメします。例えば下記のような感じになります。

  • 実家の片付けを検討しており、両親の遺品を丁寧に片付けたい→遺品整理業者へ
  • 家の中が物屋敷、ゴミ屋敷化しており、大量のごみを一度に片づけて欲しい→ゴミ屋敷片付け業者へ
  • 売却を検討しており、荷物を全て処分した後にハウスクリーニングもして欲しい→片付け業者へ
  • ある程度自分で片づけたが、重たい家具などが残っているので家財道具一式を処分した欲しい→不用品回収業者へ

このように自分が「どういうサービスを期待しているか?」を考える事で、どの業者に頼めば良いかが見えてくるでしょう。

業者に依頼した場合の費用

前述した通り、片付け業者に依頼すると自分で片づけるよりも費用が掛かってしまいます。「だいたいどれくらい掛かるか知っておきたい」というお客様もいらっしゃるかと思います。以下がだいたいの価格表になります。

1ルーム29800円から
1Dk49800円から
1LDK59800円から
2LDK99800円から
3LDK159800円から
4LDK以上 198000円から

あくまでも目安ですが、これぐらいの費用が掛かるでしょう。ただし荷物の量や、作業状況によって変動します。例を挙げますと、2階建てのゴミ屋敷を片付けるとなりますと、50万円以上かかるケースもあります。

それ以外にも例えば「家の前の道が狭く、トラックが家の近くに止められない。」という場合で、作業時間が倍かかるので追加料金が掛かります。それぐらい作業料金には状況によって大きく変動する事を理解しておく必要があります。

また上記の金額は片付けのみの金額ですので、追加で別のサービスも依頼すると、追加で料金が掛かる事も知っておきましょう。

業者を選ぶ上で気を付けたいポイント

選ぶ上で以下の条件は気を付けた方が良いでしょう。

無料で見積に来てくれるかをチェック

まずはまずは無料で現地まで見積に来てくれるかどうかをチェックする必要があります。お部屋の中の物を丸ごと処分するとなりますと、現地での見積が必須です。前述しました通り、荷物の量、現場の作業状況などによって、料金は変動します。ですので、まずは現地まで無料で見積に来てくれる業者を第一条件として探すのをオススメします。

見積の際の、相手の対応・マナーなどによって、「どういう会社なのか」というのもある程度把握できるので、見積は非常に重要です。また併せて、見積書を作成してくれるか?見積後のキャンセルは無料か?なども併せて確認しておいた方が良いでしょう。

資格の有無をチェック

遺品整理を依頼するなら遺品整理士資格、買取をやっている会社なら古物商の許可、会社としてゴミの処分に関する許可を取っているか?などもホームページなどを見て確認しましょう。

クチコミをチェック

インターネットでその業者がどういう評価を受けているかもチェックしましょう。あまり悪すぎてもダメですし、あまり評価が良すぎる会社も注意が必要です。評価が星5つばかりの会社は自作自演のやらせコメントを書いている危険性がありますので注意しましょう。

作業事例がホームページに載っている

実績のある会社だと、会社のホームページに作業実績などのビフォアーアフターの写真・動画などを掲載している会社が多いです。

創業して時間が浅い会社はやめておこう

会社の創立日などを見て、まだ1年~2年しか経ってない会社は止めておいた方が良いでしょう。できれば創業して10年以上経っているような会社を選びましょう。

以上が業者を選ぶ上で気をつけたいポイントになります。

どこに依頼すればいいかわからないならおたすけマックスにお任せ下さい

仕分け・分別・処分・解体までお任せ下さい。

「もし業者が多すぎてどこに依頼すれば良いのかわからない…」という場合はおたすけマックスにお任せ下さい。おたすけマックスは創業15年を誇る老舗片付け業者です。不用品処分、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、ハウスクリーニング、解体工事などの幅広いサービスに対応しており、片付けにまつわるあらゆるサービスをサポート可能です。

「最初は自分で片付けようと思ってたけど、大変なので業者に依頼する事にした」というお客様からのご依頼もお待ちしております。中々お仕事しながらだと時間が取れなかったり、重い大型の家具などを一人で運べなかったりして、我々のような片付け業者に相談してくる方がほとんどです。

加えて、お家の荷物をまるごと処分するとなりますと、庭付きの一戸建ての場合は庭の植木や物置なども処分対象になります。そのまま全てを処分するか?、必要な物だけ引越し先に持って行くか?はお客様にもよりますが、これから家の片付けを検討されている方はなるべくお早めにどうするかを決めた方が良いと思います。

特に物置などの撤去は素人の方が一人で処分するのは難しいです。お客様で工具を駆使して解体して、その廃材を業者に引き取ってもらう形になるかと思いますが、非常に大変です。勿論、その前に物置の荷物も処分しておかなければいけません。

おたすけマックスでは物置の解体・撤去などにも対応可能です。ですので、家の中と庭の処分を一括で処分する事が可能で、その後の草刈り、引越し作業、ハウスクリーニングなどのアフターサービスもお客様のご希望に応じてオプションで追加可能です。

次項では実際の作業例を挙げながら説明させていただきます。

引越しに伴う荷物処分もお任せ下さい

大阪市で家の荷物をまるごと処分しました

先日、大阪市のお客様からお家の荷物処分のご依頼をいただきまして、作業をさせていただきました。今回のお客様は女性のお客様で「親族が他界して、一軒家に一人で住んでいましたが、この度、今より狭い家に引っ越す事になったので、荷物の大半を処分したい。」という事で、引越しと荷物処分を希望でした。

写真はお部屋の荷物片付け中の現場の写真になります。お客様の許可を得て撮影させていただきました。

現地見積時に「捨てたい荷物と残したい荷物」をお客様と打ち合わせさせていただきましたので、作業自体はスムーズに進み、予定通り作業は終了した模様です。

不要な荷物を運び出して処分させていただき、その後にお客様の荷物を新しいお住まいにお運びして、作業は終了となりました。作業完了時には「捨てるに捨てれなかった物もたくさん処分できたので、良かったです」と感謝の言葉をいただけました。

今回のお客様は引越しと遺品整理を同時に行える業者を探していて、おたすけマックスにお声がけいただけたようです。意外に荷物の片付けを行う際に、「必要な荷物のみ移動させたい」というご相談は多いです。

ですが、多くのお客様が「どの業者に依頼すれば良いのかわからない…」とお悩みになっているようです。もしそういった事でお悩みでしたらおたすけマックスにお任せ下さい。

おたすけマックスでは荷物の仕分け・分別作業から、搬出作業、不用品処分、引越し作業まで全て対応可能です。一社が全ての作業を行いますので、煩雑な手続きも要りませんし、事前の準備も要りません。作業自体もスムーズに進みますし、費用も他社よりお安い費用で作業を行う事が可能です。

現在、作業予定の現場に住んでおらず、「遠くに住んでいる」というお客様のご依頼にも喜んで対応いたします。「まだ何も片づけられてない!」とお困りのお客様のご依頼もお待ちしております。貴重品の仕分け作業からサポートさせていただきます。

ここまでお読みになって、「興味がある」、「片付けを検討している」というお客様は気軽にご相談下さい。「どれくらい料金が掛かるか知りたい」という場合でも構いません。現地に無料でお見積りに伺い、見積書を作成させていただきます。それ以外にも「こんな事もしてもらえますか?」という事があったら、気兼ねなくご相談ください。プロのスタッフがお客様のニーズに合わせて、プランを提示させていただきます。

お部屋の丸ごと処分をお考えならおたすけマックスまで

Follow me!